歯科診療

menu

歯周病

レベルの高い歯周治療で、あなたの大切な歯を守ります。

一般的に歯周病や虫歯の治療は、保険診療の範囲内で行います。しかし日本人の成人の8割が歯周病にかかっているといわれており、そのために大切な歯を失ってしまう方も数多くおられます。40代以上の方で特に増える印象がありますが、近年は若い方にも病状が重く進行しているケースが増えています。

数が多いということはそれだけ症状の幅もあり、重度になれば天然の歯を残すための治療が必要となります。 当院は保険診療の枠を超えて、高度かつ質の良い治療を行うべく力を入れて取り組んでおります。

根面被覆術(ルートカバーテクニック)

当院でも得意とする治療方法のひとつです。
日本人の場合、そもそも歯肉がうすい方が多いのですが、歯周病にかかるとさらにその歯肉が下がってしまいます。
ルートカバーテクニックは、そんな方のために、歯肉移植術によって歯茎の高さと厚みを取り戻す治療法です。多くは口蓋の部分から組織を採集し、歯肉が痩せて薄くなっていたり、抜歯によって陥没しているところに移植します。

歯周外科手術

様々な要因により歯肉が下がってしまうと、歯の根がむきだしになってしまうために知覚過敏になるだけでなく、審美的にも悪い影響が出てきます。また下がった歯肉は自然には回復しません。
そこで歯肉を豊富な部分から移す、または寄せるという手術がフラップオペ(歯肉剥離掻爬)です。
まず歯肉を切開して、歯周病の進行によって深くなった歯周ポケットを露出させ、歯の根の部分までこびりついた歯石や感染した歯質をきれいに掃除します。その後、縫合してパックするというものです。

エムドゲイン・GTR

エムドゲインとGTRは、ともに歯を支えている骨(歯槽骨)が歯周病によって失われてしまった場合に、その骨を再生させる方法です。
エムドゲインとはスウェーデンで開発された歯周組織再生誘導材料で、成長期に歯が生えてくる環境を再現する成分が入っています。これを、歯肉を切開して歯をきれいに清掃した上で塗布し、再び縫合して歯周組織の再生を促します。

対してGTRは組織誘導再生法(Guided Tissue Regeneration Technique)と呼ばれるものです。メンブレンという膜を使って歯槽骨が再生するためのスペースを確保することで、骨の再生を待ちます。一定期間過ぎてから、メンブレンをとりのぞいて完了です。

予防歯科・歯のクリーニング

病気になる前の、予防という名のメンテナンス。それがあなたのお口の健康を守ります。

虫歯や歯周病はかかってしまえば早期に治療をすることが一番大事ですが、何より未然に防ぐことが最善です。

そのためには毎日ご自分でのケアが必要です。しかしいくら丁寧にブラッシングしていても、いつのまにか歯にプラーク(歯垢)がたまってしまうもの。歯垢が固まって歯石化すると、歯ブラシで除去することは不可能です。
定期的に、歯科医院でプロの手によるクリーニングを行えば、虫歯や歯周病の予防は万全のものとなります。さらに人それぞれブラッシングには癖がありますから、正しい歯磨きについて指導もいたします。

予防することで、治療にかかる時間もコストも、結果的に大幅な節約ができます。歯科医院を「治療」だけでなく、定期的な予防のための場所としてご利用いただければと思います。

ホームケアとプロフェッショナルケア。2つの道の継続がベストです。

虫歯や歯周病の予防には、「正しいホームケア」と「プロによる定期的なケア」を継続することが一番の方法です。
ご自宅では、毎日の正しいブラッシング以外にも、マウスウォッシュやデンタルフロスの併用、またキシリトールガムを噛むことも大切です。その上で、当院のPMTCやフッ素の塗布を定期的に行えば、自然な歯を一生使い続けることも夢ではありません。
お子さまであればシーラントを使って、虫歯になりにくい状態にすることもおすすめです。
当院は、患者さまのお口の小さな変化も見逃さず、その健康をいつまでも持続できるお手伝いをしてまいります。

かみ合わせ・顎関節症

かみ合わせの悪さは長い時間をかけて作られるもの。
その悪影響もまた、長い時間をかけて露呈します。

かみ合わせは、生まれついてのものと生活習慣という長期間のものの両方によって作り出されます。短期間にいきなり何か症状が出ることはありませんが、見た目だけでなく、お口の環境全体、そして全身のさまざまな部分にも影響を及ぼすといわれています。

かみ合わせが悪いと……

  • 1,虫歯・歯周病

    ブラッシングがしにくいため食べ物の残りがたまりやすく、虫歯や歯周病の温床を作りやすくなります。
  • 2,歯の寿命

    すべての歯に均等に力が加わらず、特定の歯にだけ負担をかけてしまいます。その結果、負担のかかった歯の寿命が短くなるということが起こります。
  • 3,発音・滑舌

    歯の間に隙間ができて空気が抜けたり、舌がなめらかに動かせないために発音が不明瞭になる可能性があります。
  • 4,消化器系への影響

    食べ物の咀嚼が不十分となり、胃腸などの消化器系に負担をかける場合があります。

他にも、かみ合わせは頭痛・肩こり・腰痛、また顎関節症などの原因になるともいわれています。当院では、歯の位置が正しいところへおさまるよう、様々な選択肢を提示しながら、適切な治療を進めてまいります。
たとえばスプリント療法や、矯正歯科をご紹介する場合もあります。かみ合わせ、顎関節症といった問題はさまざまな問題が複雑にからみあっていることも多く、患者さまの状況に合った治療法を探すことが何より重要です。

プレートを使ってかみ合わせを誘導。顎関節症治療の原因を取りのぞきます。

当院では、顎関節症に対してはプレート療法(スプリント療法)を使った治療を行っています。これは、顎関節症は「かみ合わせの悪さ」にそもそもの原因があるためです。
この治療法では、透明なアクリル樹脂製の「スプリント」と呼ばれるマウスピースを患者さまに合わせて作成し、かみ合わせを正常な状態に誘導します。
装着は原則的に就寝時のみで、飲食の際は外します。もちろん装着期間中は、定期的に症状の改善状況をチェックし、微調整を行います。

口腔外科・親知らずの抜歯

親知らずは痛い、腫れるだけでなく、あなたのお口の健康、そして全身の健康にも深い関わりがあります。

親知らずは、前歯から奥に向かって数えて8番目の位置に、大抵の場合20才前後に生える永久歯です。
顎の骨が小さい方の多い現代では、親知らずが正常に生えるだけのスペースがない方がほとんどです。そのため無理矢理に周囲の歯を押しのけて生えてくることになり、かみ合わせを崩してしまう原因となります。隣の歯と干渉しあってお互いに傾いてしまうこともありますし、表に出ないまま圧迫して強い痛みを生じることもあります。

きちんとしたブラッシングも難しく、虫歯や歯周病の温床となってしまいます。こうなると抜歯する他ありません。
ただし一番奥という位置、またケースが千差万別に異なることから細心の注意をもった診断と高い抜歯技術の両方が必要といえます。
当院ではそのリスクを説明した上で、丁寧かつ確実な治療を心がけております。

根管治療は、マイクロスコープを使って安全・確実に。

根管治療は、マイクロスコープを使って安全・確実に。

虫歯の進行も末期となってくると、歯の根っこに存在する根管と呼ばれる神経の束が走っている細い管にまで到達します。これを治療するには、根管をきれいに掃除して感染の再発が起きないよう封印するしかなくなります。
これが根管治療と呼ばれるものですが、根管は複雑な構造をしており、肉眼で確認することはできません。
それでも従来は肉眼でしか治療を行うしかなかったのですが、現在はマイクロスコープで確認しながら精度の高い治療が可能です。とはいえ難易度が高いことに変わりはありません。
当院では2001年よりマイクロスコープを導入し、根管治療についても経験豊富であるため、大抵の症例に対応可能です。

入れ歯、ブリッジ、インプラントに勝るもの。それはあなた自身の歯です。

重度の虫歯や不幸な事故によって歯を失ってしまった場合、別の場所から歯を移植することで再生するのが「歯牙移植」です。
歯というものは隣り合う歯、かみ合う歯によってバランスが保たれているため、歯を一本でも失うことはかみ合わせ全体の乱れにつながります。かみ合わせはお口の中だけの問題ではなく、全身の健康にも影響します。そのため、親知らずや過剰歯を使って歯牙移植を行うことにより、バランスのとれたかみ合わせを取り戻す必要があります。

当院では従前のしっかりとした診査により、かなり高い成功率で移植に成功しています。
しかし本来はインプラント治療よりも成功確率が低いとされる方法です。適応には骨量や歯根膜の状態など複数の条件が揃っていなければなりません。まずはお気軽にご相談ください。

PageTop